食育だからこそ食べ物の美味しさを教える

食育という言葉が使用されるくらい、食べ物に関する教育は大切です。一日に必要な栄養素はどのくらいで、どのような野菜や魚、肉を摂取したら栄養を補うことができるのか、それは教えられなければ分からないことです。野菜嫌いの子どもも当然いるでしょうし、そのような子どもに強制的にしては、より一層頑固になります。そのため、食べるのならとお菓子を与えるのは一番ダメなパターンで、栄養の偏りにより、将来、肥満をもたらしたり、逆に骨がスカスカになるなどの悪影響があります。そのため、親もどのようにしたら食べるのか、嫌いな物の美味しさを伝えることができるような料理を作るだけではなく、嫌いな物の代替品として、別の物を活用するなどして摂取させることが好ましいと言えます。また、それだけではなく、できるだけ出されたご飯を残さないことや、好き嫌いをできるだけ減らすことも一種の勉強です。生きる上でも大切なことなので、幼い頃からできるかぎり教えるのが好ましいです。